出版案内

たがのわ 多賀先生のあったか子育てアドバイス

書籍のご購入はこちら

はじめに

たがのわ
病院にまだ慣れていない子や、予防接種だと分かっている子は、診察室の扉を開けた とたん大泣きになり「お母さん、お母さん」の連呼が始まります。
それは診察室を出るまで続きます。
「この1回の診察中に何回“お母さん”と呼ぶんだろうね」と言うと、お母さんは笑っています。
そのときに思います、「この子は一生の中で何回“お母さん” と呼ぶんだろう」と。
人が人生の中で最も多く使う言葉は“お母さん”かもしれませんね。
小学校低学年の子どもたちがいろいろなことをきっかけに、学校へ行き渋り始めるこ とがあります。
時々相談を受けますが、原因探しをせず、お母さんとの接触を増やすこ とだけで改善します(詳細は10~21ページをご覧ください)。
お母さんとの関係が良くなると、他の面も引っ張られて良い方向に進むからです。
お母さんの影響がいかに大き いかが分かります。
 

書籍情報

タイトル
たがのわ 多賀先生のあったか子育てアドバイス
著者
多賀千之
イラスト
すずきかおり
初版発行
2016年2月18日  株式会社 心力舎
定 価
972円(税込み)

目 次

第1章
よむミルク
第2章
じゅしんのコツ
第3章
みんなのハテナ
第4章
ママとパパを応援する本