出版案内

『コロナを越えて』〜慈しみの中に光を

書籍のご購入はこちら

はじめに

『コロナを越えて』〜慈しみの中に光を
二〇二〇年初頭、中国武漢から発生した新型コロナウイルスはあっと言う間に世界各地に広がり、世界中の人々の暮らしに大きな影響を与えました。
このウイルスは厄介なことに、社会的動物である人間の最善の本能を利用し広がります。困難を迎えたときに私たちは、信頼する人との接触を求めます。
親戚や友人、隣人が病気になれば助けに行きたいと思いますが、このウイルスはそうした私たちの行動を利用して伝染します。
最愛の家族が重病に陥っても会うことを制限され、亡くなった人とのお別れも出来ないケースや、大事な方の葬儀にも容易に参列することが許されない場合もあります。感染者の増減に一喜一憂する中で、かつての平常な生活を早く取り戻して欲しいと思う一方、不安と苦痛や悲嘆がじわじわと深まって行くのを覚える日々が続いています。

中略

「人々の心の支えになるべき僧侶として、この事態に何をなすべきか」

中略

同じ志を持って布教に取り組んで来た他の布教師の方々が「コロナ禍の中で何を想いどのように生きようとしているのか」気になりました。熟考の上、私が信頼申し上げ る七人の方々に、ご自身の経験に則った論考を依頼致しました。いずれの方も、上辺の言葉ではなく、日頃の実践の上に根差した真摯な道を模索し、人々の心に寄り添おうとする布教を目指しています。
その体験から生まれた言葉が、「これから僧侶が向かうべき道を学ぼうとする際の一つの示唆になるのではないか」と考え、この小冊子が生まれました。
僧侶だけではなく「仏教に関心のある多くの方に読んでいただきたい」という願いを持って、この本を編集致しました。広く皆様の御意見を仰ぎたいと存じます。

責任編者:佐野俊也
 

書籍情報

タイトル
『コロナを越えて』〜慈しみの中に光を
著者
関水俊道 三部義道 渡邊祥文 髙梨尚之 木村髙寛 澤英俊 渡邊宣昭
編者
佐野俊也
初版発行
2020年12月21日
本体価格
800円(税別)
種類
単行本(ソフトカバー)
出版社
株式会社心力舎
ISBN-13
978-4921078218

目 次

  • はじめに
  • 新しい時代の布教教化について・・・関水俊道
  • 当に願わくは衆生と共に・・・三部義道
  • 新型コロナ肺炎のパンデミックと放射線汚染・・・渡邊祥文
  • 一事を専らにすべし・・・髙梨尚之
  • 菩薩行としてのビハーラ活動・・・木村髙寛
  • これからの僧侶の在り方を問う・・・澤英俊
  • 行説一如・・・渡邊宣昭
  • おわりに